桜ライン311

陸前高田市の津波到達点上に桜を植樹し、震災を後世に伝える為のプロジェクト

【EMS】ExcelsiorMusicStore(エクセルシアミュージックストア)は、アーティストで友人でもある雪音さんの想いに共感、賛同し「桜ライン311」への協力をしています。

また、「忘れない」「将来への引継ぎ」として具体的な活動が必要だと考えています。


桜ライン311とは?

陸前高田市が東日本大震災により壊滅的な被害を受けてから、約7年が経過しました。中心市街地では震災前に市街地で営業されていた店舗が少しずつ再建がされており、街のにぎわいを取り戻すために、一丸となって取り組みを続けています。一方で、いまだ仮設住宅に住まわれている方もいらっしゃり、街を再生するということは容易ではないことを突きつけられていると感じます。

災害による被害の本質は、人命が失われることで発生する「悲しみ」です。悲しみを繰り返して欲しくないという思いから、私たちの事業は始まりました。東日本大震災を風化させないために、市内の津波最大到達地点約170kmに17,000本の桜の苗木を植樹する。2011年10月に事業を開始し、約6年が経過しています。

 

「私たちは、悔しいんです。」

 

この言葉で始まった私たちの事業も、昨年末時点で陸前高田市内268箇所、植樹本数1,324本、活動にご参加いただいた皆さまは4,443名となりました。震災直後から継続的にご参加いただいている方も大変多く、私たちの活動へのご共感をいただきながら、継続的なご参加いただいています。震災関連の報道は、岩手でさえも随分と減りましたが、今もこうして多くの皆さまにご尽力とご協力をいただき活動を継続できていることに、心から御礼申し上げます。

社会的な興味が薄れていくなかで、私たちの事業は、変化をしていかなければ事業継続は難しくなっていきます。街の復興が果たせてこそ植樹できる場所も多くありますが、17,000本という目標を達成するためにはまだまだ多くの皆さまのご参加とご協力が必要です。東日本大震災の伝承とは一過性で完結するものではなく、連綿と続いてこそ達成できるものです。より多くの皆さまに当団体のことを知っていただき、共感し、参加したいと思われる事業として育ててまいります。

雪音さんについて

岩手県陸前高田市出身。

2010年より雪音(ゆきね)としてシンガー活動を開始。

アーティスト名には「リスナーの心に雪のように降りそそぎ、決して溶けないメロディーを届ける」という願いがこめられている。

 

自身の体験をもとに綴られ、2011年に着うた配信リリースした「きせきのかけら」はウィークリーチャート3位を獲得。

東日本大震災をきっかけに陸前高田にUターン後、2012年にはファーストシングル「The piece of a miracle~伝えたい想い~」にてCDデビュー。

 

歌手活動の傍ら、陸前高田市内の津波到達点を桜並木でつなぎ後世へ伝えようというNPO桜ライン311の活動にも従事。

テーマソングとして制作した「君のいる未来へ」は同団体を追ったドキュメンタリー映画「あの街に桜が咲けば」の挿入歌にも採用され、全国で大きな共感を呼んだ。

 

歌と桜ライン311。どちらの活動も「伝えたい想い」がリンクする。

現在は歌と講演の独自のスタイルを展開し、広く防災と命の大切さを発信し続けている。


桜ライン311各種リンク

桜ライン311【公式】Facebook

桜ライン311【公式】twitter

雪音さん twitter


 

Quick Link


 

▼ Pickup

本サイトに記載のテキストおよび画像、映像、一切のコンテンツについて、許可なく転載することを固く禁じます。