Artist

【EMS】 ExcelsiorMusicStore ではアーティストとの関係で一番大事な事は我々がそのアーティストが好きである事、つまりファンであり応援者であることと考えています。
アーティストエージェンシーでは、主にブッキング、コンサルテイングから楽曲提供、著作権管理、レコーディング、各種SNSの運営、Web作成と幅広く行っております。
アーティスト活動を円滑に、より充実するべくサポートします。
また、音楽制作のサウンドエンジニア、アレンジャー、スタジオミュージシャンだけではなくアルバムやライブの撮影に必要なカメラマン、ジャケットやフライヤー等の製作には欠かせないデザイナーやイラストレーターとも提携しています。
音楽制作支援:作曲/編曲/ミキシング/動画撮影/動画制作/web製作/イラスト / 各種グッズ制作なども、ご相談下さい。

Artist  Agency

▼【EMS】ライブ イベント 登録アーティスト


 

 

緊急事態措置等期間の延長に対する対応について

新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態措置等期間の延長により5月31日(日曜日)までの期間、各種ライブイベントの開催を配信も含めて自粛いたします。

 

引き続き、一連の騒動が落ち着くまでは、どうか健康と感染に気を付けた行動を注意し、ご自身と家族や仲間の生命を守ってください。

 

東京都緊急事態措置に関する情報

https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/1007617/index.html


7/18(土)KSMB10 FINAL 開催中止のお知らせ

当初、2020年3月7日に開催予定で、同年7月18日に川崎市民プラザにて延期開催の決断をした、KSMB10 FINALですが、新型コロナウイルス感染拡大防止の影響の更なる長期化が予想されることから、7月18日の開催は中止とさせていただきます。

 

緊急事態宣言の影響などにより、ミュージシャンを始め、イベントに協賛されている各団体様などにも、多大なる損失・影響を与えていることにより、まずは緊急事態宣言の終息や、事態の推移を見守り、それを踏まえてイベントの今後について語り合わなければならないため、今はファイナルを開催するのかは不明とさせていただきます。

 

新たな動きがあれば随時ご報告させていただきます。

 

まずはこれまで経験したことのない苦難を乗り越えられるよう、命を大切に行動して、再び気軽に音楽を楽しめる環境を取り戻しましょう!

ご理解のほどよろしくお願いいたします。


緊急事態宣言に対する対応について

政府対策本部により、発令されました「緊急事態宣言」により5月6日(水曜日)までの期間、各種ライブイベントの開催を配信も含めて自粛いたします。

 

一連の騒動が落ち着くまでは、どうか健康と感染に気を付けた行動を注意し、ご自身と家族や仲間の生命を守ってください。

 

東京都緊急事態措置に関する情報

https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/1007617/index.html


アーティストの為のスマホ決済(QR決済)導入サービスの受付開始しました。


<イベント開催時のお願い>

皆様ご存知の通り、新型コロナウィルスのニュースが連日報道されております。

その他にもインフルエンザや胃腸炎、風邪が非常に流行っております。

 

お互いの感染予防として、出演者への接近行為や握手等もご遠慮頂く様、ご協力をお願い致します。

演奏以外の時間ではマスクの着用をさせていただきます。

 

・咳・くしゃみの際はハンカチやティッシュ等で口と鼻を覆い、他の人から顔をそらす等、咳エチケットをお守りください。

 とっさの場合は袖や服の内側で覆い、他人から離れてください。

・こまめな手洗い、うがいの励行をお願い致します。

・当日体調にご不安のある方はくれぐれもご無理なさらないようお願い致します。

 

※厚生労働省 新型コロナウイルス感染症についてのお知らせも、ご確認をお願い致します。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

 

*2/20追記:厚生労働省「イベントの開催に関する国民の皆様へのメッセージ」

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/newpage_00002.html


1月度 新規登録アーティスト

AMARI

AMARI 

群馬県太田市出身。

9月22日生まれ。AB型。三度の飯より寿司が好き。

東京音楽大学をユーフォニアム専攻で卒業。

ユーフォニアム専攻にも関わらずシンガーソングライターとして活動する少し変わり者。

やわらかなイメージからは想像の出来ない自由奔放なロックスタイルが人気のひとつ。ストレートに感情を剥き出して表現するそのギャップが多くのファン獲得に繋がっている。またメッセージ性のある歌詞にも注目されている。

ユーフォニアム奏者としても様々なアーティストのサポートや、人気アニメの主人公役モーションモデルを担当するなど幅広く活動しておりメジャーシーンでも名を広めている。トロンボーンやフリューゲルホルンも吹くことがある。

多彩なだけでなく、感受性や世界観からその才能を高く評価されている。

佐和ヒロノブ

佐和ヒロノブ 

広島生まれ、横浜育ち。

シンガーソングライターとして横浜を中心に活動中。

クセになる歌声と一風変わったメロディが特徴。



12月度 新規登録アーティスト

和太鼓音桜-oto zakura-

和太鼓音桜-oto zakura-【ENTRY】

埼玉県熊谷市を拠点に関東地方で幅広く演奏活動しています。

動画はTwitterメインで更新しています!

(Twitterフォロワー数 1万人突破☺︎︎!!)

 

大道芸人あんころもち

大道芸人あんころもち【ENTRY】

数少ない女性大道芸人。バルーンやジャグリングなどの道具を扱いながら、ラストは体を張ったローラーバランス! 商業施設や遊園地、お祭り等に出演。2019大道芸コロシアム優勝。大道芸フェスティバルinちば 連続出演。など様々なイベントに出演中。

 



11月度 新規登録アーティスト

performer RN-5(れんご)

performer RN-5(れんご) 【ENTRY】

パフォーマンスチームKARAQRIのメンバー:RN-5/アクロバット。

関東や大阪など全国各地でパフォーマンスを行う。

 

音酔

音酔【ENTRY】

美味い酒の肴に良質の音楽を

2015年結成のロックバンド(アコースティック編成での演奏もあり)

2016年に1stアルバム「肴」をリリース 。

Facebook、Instagram、Showroom、livemeなどで月数回配信。

新宿WildSideTokyo、新宿MERRY-GO-ROUND、下北沢BREATHなどでライブ活動を行なってます。



10月度 新規登録アーティスト

鳥居勇介

鳥居勇介 【ENTRY】

2015年、自身の所属していたバンド「甲殻類」の活動休止の後、ソロ活動を始める。

さまざまなアーティストへの楽曲提供、オーストラリアメルボルンやフランスパリでの路上バスキングの旅を経て、2017年ワールドミューチュアルよりソロシングル「夢」をリリース。

アコースティックギターを打楽器のように演奏するスラム奏法と、カホン、ループマシンを使った演奏で、一人でリズミカルかつ、さまざまな音色を奏でて唄う独特のスタイル。都内ライブハウスを中心にライブを展開中。

スタジオライブなどの生配信も毎日配信中。

 

clownものまる

clownものまる【ENTRY】

タップダンスやけん玉、ハットジャグリングが得意な細長いクラウン(道化師)。

キレのある技とダイナミックなタップダンスにマジックやバルーンも織り交ぜ、子どもから大人まで楽しめるショーをお届けします。

「ソラマチ大道芸」出演 「よみうりランド大道芸」レギュラー 「うつのみや大道芸フェスティバル2019」出演 「モリコロパーク大道芸フェスティバル2019」出演 「大道芸ワールドカップin静岡2019」出演決定

高橋アスカ(あじあん*たむ)

高橋アスカ(あじあん*たむ)【ENTRY】

■活動歴 幼少期は子役。 2014年1月 コンテストに勝ち進みZepp東京に立つ。

同年5月 クラウン徳間よりユニットあじあん*たむとして『あなたとふたり』で全国発売CDデビュー。

テレビ埼玉『ごごたま』で2014年5月度エンディングテーマに起用される。

また、カラオケLIVE DAMでも配信中。

2019年より1人で『高橋アスカ(あじあん*たむ)』として再始動。歌い手以外にもボイストレーナーと日本舞踊をしている。

 



9月度 新規登録アーティスト

NoBrand

NoBrand 【ENTRY】

ワールドミュージックを多角的に踏襲した千姿万態な楽曲群はエレクトロとアンプラグドが溶け合う新感覚・無国籍サウンド。 軽快なコーラスワーク、華やかなダンサーも加わり一体となったライブパフォーマンスにストリートから大型フェスまで、場所、形態を問わず幅広い年齢層から支持を集める。

福岡での結成以来、西日本最大級の音楽フェス『SUNSET LIVE』にインディーズとして異例の4年連続メインステージでの出演、韓国は釜山で行われた『SUNSET LIVE in BUSAN』での出演など精力的に活動を続ける。

2019年、さらにワールドワイドな音楽へと昇華させるため活動拠点を東京へと移し、多様なルーツ、経歴を持つ新メンバーとの邂逅を果たす。 よりフレキシブルに楽曲を創り出すNew NoBrandへと進化を遂げ、関東圏での活動を開始する。

 

すだち

すだち【ENTRY】

human beatbox

2018年boost千葉vol.3 battleBという大会で優勝。

その後は大会のみならず路上ライブなど幅広く活動。



8月度 新規登録アーティスト

ウチダコウキ

ウチダコウキ 【ENTRY】

兵庫県姫路出身シンガーソングライター。

2017年千葉テレビ「Bonne Chance!」11月EDテーマ、12月挿入歌担当。視聴人口2億人・中国上海テレビ「東京印象」ドキュメンタリー特番にて独占取材(撮影・イッテQカメラマン山本氏)。他、NACK5を始めとした多数ラジオにも楽曲使用&出演するなどメディア方面でも積極的に展開中。

関東圏を中心に活動しながら地元兵庫を始め名古屋や仙台など地方でも勢力的に活動している。

 

M@I

M@I 【ENTRY】

2013年より活動開始。都内、横浜で月4回ほどのライブを行う。繊細なギターと透明感のある歌声が特徴。3曲入りシングル「Films/Flowers/風」、「Woker」、5曲入りミニアルバム「MYSTORY」リリース。ライブ会場にて販売中。

2019年6月、大竹真衣からM@Iへ改名。



7月度 新規登録アーティスト

スターダック トニー

STARDUCK TONY(スターダック トニー)

大阪府出身。

 

現在のトレードマークであるアヒルのマスク、ギター、タンバリンでバスキング(路上パフォーマンス)を始めたのが世界一周の旅だった。

その旅を綴った著書「トニーの俺行くし 世界一周バスキング旅」(出版ワークス刊)を2017年7月に出版。

同時に、バスキングカー制作に関するクラウドファンディングを行い達成した。その車で日本を巡る出版記念ツアーも大成功に終わらせた。

 

2017年の年末には日本テレビ系「TOKIO記念館」に長瀬智也の会いたい人として出演。TOKIO、嵐の前でパフォーマンスを行ったことも話題となった。また、2018年3月にはTBS系「谷原章介の25時ごはん」にもゲストで登場した。

 

2018年9月には中国の北京で開催されたアートフェスティバルに招待されパフォーマンスを行い大盛況で終えた。

 

場所、時間を問わず、神出鬼没に「バスキングカー」で乗りつけてバスキングするスタイルは若者を中心に注目を集め、Twitterでバズる(爆発的に多くの人に取り上げられる)など、今後の活躍がますます期待されるパフォーマーである。

大道芸人たいち

大道芸人たいち 【ENTRY】

 

ダイススタッキングと愛嬌たっぷりのキャラクターでお客様を楽しませていきます! 

2007年~2010年キグレnewサーカス団員 2010年~現在 大道芸人やCrown(ピエロ)として全国各地の商業施設や学校やお祭りなどで活動しております。 

 

塚原ゆうき

塚原ゆうき 【ENTRY】

関東を拠点に活動する茨城県出身マジシャン。

8歳の頃にテレビで見たマジックの世界に魅了され独学でマジックの基本を習得。18歳の若さで都内の飲食店にてマジシャンデビュー。その後は数々のマジックバーやイベントに出演してきた。

テーブルマジックからステージマジック、大道芸マジックまで幅広くショーを行うことが可能。腕を磨くために大阪から東京まで路上パフォーマンスの投げ銭のみで旅をした経験を持つ。

現在は企業パーティや飲食店、マジックバーなどにて年間400ステージのパフォーマンスをしている。

可愛らしいキャラクターと、本格的なマジックは性別や年齢を問わずお楽しみ頂けます!

 



EMS提携アーティストがKAMINARIギターケーブルのモニターに

プレイヤーが求めるのは常に理想のサウンドに近付ける事、演奏に集中出来る環境を作る事。

その為に様々な ”道具” が必要とされます。

その一つに ”ギター・ケーブル” があります。

通称「シールド」と呼ばれるソレは、サウンドやニュアンスを損なう事なくプレイヤーの感性を表現する為に大変重要な ”道具” であると思われます。

極端に言えば バンド全体の音の印象が変わる事もあります。

そして、ひとつの事実として「EMS提携アーティストがKAMINARIギター・ケーブル」を愛用している事が挙げられます。


KAMINARI GUITARSのコンセプト

KAMINARI GUITARSは、大量生産・消費社会で失われつつある、ひと手間もふた手間もかけて作られていた優れたモノを、これまでの歴史、現代の技術や知識、それらを融合させて新しいモノとして誕生させていきたい、という基本姿勢がコンセプトとなっています。そして全ての製品をUSA製・日本製のみにこだわり「高品質な物を適正価格で提供する」事を常に考え、製作しております。

50年代・60年代に欧米が創った楽器は本当に優れたモノ達であり、そこから素晴らしい音楽が数多く生まれたことは周知の事実ですが、70年代に入ると日本の技術力が欧米の楽器に非常に大きな影響を及ぼしていることは意外に注目されていない事実です。

日本には昔から「ひと手間かける」という文化がありますが、KAMINARI GUITARSではそのひと手間を惜しまず、たとえ見えない部分であってもその意識を強く持って商品を創っています。

それが「旧き良き時代のモノを現代に供給する」ということであり、「粋=カッコイイ」に通ずるものと信じているからです。

日倉士 歳朗、SHUN



▼ Pickup

 

本サイトに記載のテキストおよび画像、映像、一切のコンテンツについて、許可なく転載することを固く禁じます。