Artist

【EMS】 ExcelsiorMusicStore ではアーティストとの関係で一番大事な事は我々がそのアーティストが好きである事、つまりファンであり応援者であることと考えています。
アーティストエージェンシーでは、主にブッキング、コンサルテイングから楽曲提供、著作権管理、レコーディング、各種SNSの運営、Web作成と幅広く行っております。
アーティスト活動を円滑に、より充実するべくサポートします。
また、音楽制作のサウンドエンジニア、アレンジャー、スタジオミュージシャンだけではなくアルバムやライブの撮影に必要なカメラマン、ジャケットやフライヤー等の製作には欠かせないデザイナーやイラストレーターとも提携しています。
音楽制作支援:作曲/編曲/ミキシング/動画撮影/動画制作/web製作/イラスト / 各種グッズ制作なども、ご相談下さい。

▼【EMS】ライブ イベント 登録アーティスト


 

新規登録アーティスト

おと.

埼玉県出身のアーティスト。 幼い頃からミュージカルに参加し、芸術の世界を目指すようになる。

役者を目指す中で、弾き語りの世界に出会い、オリジナル曲の制作を始め、高校2年の冬から都内のライブハウスにて活動を開始。

卒業後、「ティーネイジサイタマ2019」にてグランプリを獲得。同年さいたまスーパーアリーナで行われた「VIVA LA ROCK 2019」に出演。

2020年には映画甲子園出品作品「弾丸」では語りの声や劇中音楽のボーカルを担当。

2021年1月に初の配信シングル「彗星」、7月に「守り詩」をリリース。

同年10月には自身で企画から脚本・演出を務める公演、舞台「ねがいぼし」を下北沢MOSAiCにて上演。

昨年9月には、初めてのEP「行き先」をリリース。 今年8月には、初めての単独公演を予定。フ

ライヤーやアートワークの制作など、演者にとどまらず、幅広く創作活動を行う。



新規登録アーティスト

岩船ひろき 

埼玉浦和出身在住のシンガーソングライター、唄う書家。

埼玉を拠点に、関東・東北を中心に活動中。地元ラジオ局87.3FM REDS WAVEでレギュラー番組を担当。

2023年10月新しいミニアルバム「涙が出るほど」を発売。

2024年1月には地元埼玉で、初のホールワンマンを開催。



新規登録アーティスト

ネプ(NEP)  

2023年8月始動。 北海道出身シンガーソングライター。

唯一無二な歌声と、 ロック、ジャズ、ファンク、エレクトロ、ヒップホップ、クラシック等幅広いジャンルに影響を受けたミクスチャーポップス、 小説のようなストーリー性のあるリリックで独特な音楽を展開している。



新規登録アーティスト

Performer SYUN  【ENTRY】

12歳の頃初めて人前に立ちお客さんを楽しませる事への嬉しさから、技術やトークを磨き現在は国内の様々な大道芸フェスティバルやパフォーマンスライセンスを取得し全国で活動中のパフォーマー。 国内トップクラスのジャグリングやバランス芸を駆使した究極のマルチエンターテインメントショー!



新規登録アーティスト

CircusDuo ま〜ぶる  【ENTRY】

CircusDuo ま〜ぶる ま〜ぶるの生み出す空間には笑顔が溢れかえる。

2人組での組体操を中心にアクロバットやジャグリング、サーカス芸がコメディチックに繰り広げられる。

ジャグリングと組体操の合わせ技はま〜ぶるならではのパフォーマンス!



EMS提携アーティストがKAMINARIギターケーブルのモニターに

プレイヤーが求めるのは常に理想のサウンドに近付ける事、演奏に集中出来る環境を作る事。

その為に様々な ”道具” が必要とされます。

その一つに ”ギター・ケーブル” があります。

通称「シールド」と呼ばれるソレは、サウンドやニュアンスを損なう事なくプレイヤーの感性を表現する為に大変重要な ”道具” であると思われます。

極端に言えば バンド全体の音の印象が変わる事もあります。

そして、ひとつの事実として「EMS提携アーティストがKAMINARIギター・ケーブル」を愛用している事が挙げられます。


KAMINARI GUITARSのコンセプト

KAMINARI GUITARSは、大量生産・消費社会で失われつつある、ひと手間もふた手間もかけて作られていた優れたモノを、これまでの歴史、現代の技術や知識、それらを融合させて新しいモノとして誕生させていきたい、という基本姿勢がコンセプトとなっています。そして全ての製品をUSA製・日本製のみにこだわり「高品質な物を適正価格で提供する」事を常に考え、製作しております。

50年代・60年代に欧米が創った楽器は本当に優れたモノ達であり、そこから素晴らしい音楽が数多く生まれたことは周知の事実ですが、70年代に入ると日本の技術力が欧米の楽器に非常に大きな影響を及ぼしていることは意外に注目されていない事実です。

日本には昔から「ひと手間かける」という文化がありますが、KAMINARI GUITARSではそのひと手間を惜しまず、たとえ見えない部分であってもその意識を強く持って商品を創っています。

それが「旧き良き時代のモノを現代に供給する」ということであり、「粋=カッコイイ」に通ずるものと信じているからです。

日倉士 歳朗、SHUN



▼ Pickup

 

本サイトに記載のテキストおよび画像、映像、一切のコンテンツについて、許可なく転載することを固く禁じます。