大宮ホコ天ライブパフォーマンス アーティスト

 


 

・大宮ホコ天ライブパフォーマンスは【EMS】ExcelsiorMusicStore (エクセルシアミュージックストア) が主催するフリー ライブ イベントです。

Pickup Artist!!
GET BILL MONKEYS

GET BILL MONKEYS

2016年11月22日結成。

メンバーチェンジを経て2019年7月に現在のメンバーとなる。

まるで舞台を観覧しているかのようなエンターテイメントに富んだパフォーマンスが特徴。

2017年にライブ会場限定シングル「ご挨拶盤」「ご贔屓盤」をリリース。

2018年にミニアルバム「BROTHERS」をリリース。

同年4月21日初のワンマンライブを代官山LOOPにて開催。2019年8月に「ご出世盤」を発売。

ライブハウス以外にも全国各地のお祭りやイベントに対応可能。

 

MEMBERS:Vo.湯口翔平 Gt.カワコウ  Ba.河東 巧磨 Key.野呂 尚輝  Dr.貝吹'KONG'裕一郎 

 

ペントノート

ペントノート

北海道出身のp.e.n(Gt/Vo)と、東京出身の柿沼憲太郎(Key)で2018年結成。

名前の由来は、ギターボーカルのp.e.nのソロ時代からのステージネーム「ペン」と「ノート」の複数の意味(帳面、記録、音符のnote、の音)から。

 

キャッチコピーは「シュガーボイスなスウィートロック。置き忘れた玩具箱の中の音楽を。」

誰もが胸の奥に秘めたノスタルジー。

真っ白な心にもう一度夢を描いていく。

 

現在サポートメンバーを加え、都内ライブハウス、路上を中心に活動中。

配信ライブも積極的に行う。

 

バンドコンテスト、「エマージェンザジャパン」、「L1グランプリ」に出場中、共に準決勝が決定。

 


New Registered Artist
NoBrand

NoBrand 【ENTRY】

ワールドミュージックを多角的に踏襲した千姿万態な楽曲群はエレクトロとアンプラグドが溶け合う新感覚・無国籍サウンド。 軽快なコーラスワーク、華やかなダンサーも加わり一体となったライブパフォーマンスにストリートから大型フェスまで、場所、形態を問わず幅広い年齢層から支持を集める。

福岡での結成以来、西日本最大級の音楽フェス『SUNSET LIVE』にインディーズとして異例の4年連続メインステージでの出演、韓国は釜山で行われた『SUNSET LIVE in BUSAN』での出演など精力的に活動を続ける。

2019年、さらにワールドワイドな音楽へと昇華させるため活動拠点を東京へと移し、多様なルーツ、経歴を持つ新メンバーとの邂逅を果たす。 よりフレキシブルに楽曲を創り出すNew NoBrandへと進化を遂げ、関東圏での活動を開始する。

 

すだち

すだち【ENTRY】

human beatbox

2018年boost千葉vol.3 battleBという大会で優勝。

その後は大会のみならず路上ライブなど幅広く活動。

M@I

M@I 【ENTRY】

2013年より活動開始。都内、横浜で月4回ほどのライブを行う。繊細なギターと透明感のある歌声が特徴。3曲入りシングル「Films/Flowers/風」、「Woker」、5曲入りミニアルバム「MYSTORY」リリース。ライブ会場にて販売中。

2019年6月、大竹真衣からM@Iへ改名。


 

塚原ゆうき

塚原ゆうき  NEW!

関東を拠点に活動する茨城県出身マジシャン。

8歳の頃にテレビで見たマジックの世界に魅了され独学でマジックの基本を習得。18歳の若さで都内の飲食店にてマジシャンデビュー。その後は数々のマジックバーやイベントに出演してきた。

テーブルマジックからステージマジック、大道芸マジックまで幅広くショーを行うことが可能。腕を磨くために大阪から東京まで路上パフォーマンスの投げ銭のみで旅をした経験を持つ。

現在は企業パーティや飲食店、マジックバーなどにて年間400ステージのパフォーマンスをしている。

可愛らしいキャラクターと、本格的なマジックは性別や年齢を問わずお楽しみ頂けます!

ウチダコウキ

ウチダコウキ  NEW!

兵庫県姫路出身シンガーソングライター。

2017年千葉テレビ「Bonne Chance!」11月EDテーマ、12月挿入歌担当。視聴人口2億人・中国上海テレビ「東京印象」ドキュメンタリー特番にて独占取材(撮影・イッテQカメラマン山本氏)。他、NACK5を始めとした多数ラジオにも楽曲使用&出演するなどメディア方面でも積極的に展開中。

関東圏を中心に活動しながら地元兵庫を始め名古屋や仙台など地方でも勢力的に活動している。

 

出演者募集中!

・出演者登録制

 第一次審査 / 第二次審査 (審査通過後、物販可)

・場所:さいたま市大宮駅東口銀座通り内(投げ銭可)

・日時:毎月第2日曜日 13時~18時の歩行者天国の間

(公共イベントを優先し日程が重なった場合は前後の週に変更を致します。) 

※商店街方々のご協力や関係各所の許可や道路使用許可証等の必要な手続きをしています。

 

※出演に関しては「ENTRY」をご覧下さい。


Regular Artist

ナニコレ?劇団

ナニコレ?劇団

熊本を拠点に活動しているパフォーマンスユニット。

ダンスが得意な謎多き・MARIOと、話が不得意で恥ずかしがり屋なゲネス。

名曲にのせて魅せるストーリー性のあるダンスは、見る者をたちまち虜にし、笑いと涙を誘う。

 10代の頃からそれぞれダンサーとして活動していた二人。

お互いダンスの格闘技であるダンスバトルで県内外問わず優勝し、多くの成績を残している。 

次に目指したのは、ダンスで多くの方々を幸せに出来ないかと考え、2012年4月から本格的にパフォーマンスユニットとして活動をスタート。

熊本を本気で盛り上げたいと、週末は熊本のアーケードにてパフォーマンスを行い毎回多くの観客を集める。

東京での路上でも新宿駅の正面を埋め尽くすほどの集客を成功させた。

今では東京スカイツリー公認パフォーマーとなり世界中から注目されている。

海外進出も達成しナニコレ?君はパフォーマーの聖地オーストラリアで1年間修行し国籍問わず多くの人を感動に巻き込んだ、それがきっかけで海外映画の主演という偉業も達成した。

その頃ゲネスは熊本でパフォーマンスを続けサザエさんのネタがツイッターで話題になり全国的にナニコレ?劇団の名が知られた。

熊本から世界へ通じる唯一無二のパフォーマンスを探求し続けている。

現在はスケジュールを抑えるのも困難な状況である。

サザエさんネタのダンス動画は総再生回数1800万回以上!ナニコレ?劇団のパフォーマンスを生で見たら必ず満足感を得られるのは間違いない。

経歴 ・KAB まち×ひとチャンネル出演 ・KAB 5ch出演 3回出演 1ミニッツショーではグランプリ獲得 ・KAB 元気フェスタ 出演(サブステージ入りきれない程の人を集客) ・全国トランポリン,シャトル競技大会懇親会 出演 (会場を感動の渦に巻き込んだ) ・岩田屋 ハロウィン ゲストパフォーマー出演 ・KAB まち×ひとチャンネル生放送出演 ・KAB 5ch ダンス特集出演 (テレビお通し多くの人を涙させた) ・カドリードミニオン サプライズパフォーマーとして出演 ・宮崎県知事誕生日サプライズ出演 ・熊本ヴォルターズ ハーフタイム出演 (バスケットファンから絶大な支持を受ける) ・シンガポールでの路上パフォーマンス (体一つで多くのお客に感動を伝える) ・MARIOは1年間オーストラリアでの修行最終日には数百人を集め感動を笑いと感動を与え大成功に幕を閉じた ・オーストラリアでのサプライズパーティ出演 他にも多数! ・インドTVに出演 ・スカイツリーでの出演 ・大手衣料メーカーのプロモーション依頼 ・スカイツリー公認パフォーマー認定 ・横浜野毛大道芸出演 ・総動画再生回数1800万回突破 ・海外映画主演(MARIO)言葉のない歌 ・GUネットCM出演 ・DICKIESネットCM出演 ・Netflix ブ映画ライトネットCM出演&制作 ・めざましテレビ 生放送 出演 ・オドぜひ (お笑い芸人オードリーさんの番組出演) ・フィリピン オカダマニラ大富豪の前で出演   その他全国各地様々な分野での多数出演あり。 

スターダック トニー

STARDUCK TONY(スターダック トニー)

大阪府出身。

 

現在のトレードマークであるアヒルのマスク、ギター、タンバリンでバスキング(路上パフォーマンス)を始めたのが世界一周の旅だった。

その旅を綴った著書「トニーの俺行くし 世界一周バスキング旅」(出版ワークス刊)を2017年7月に出版。

同時に、バスキングカー制作に関するクラウドファンディングを行い達成した。その車で日本を巡る出版記念ツアーも大成功に終わらせた。

 

2017年の年末には日本テレビ系「TOKIO記念館」に長瀬智也の会いたい人として出演。TOKIO、嵐の前でパフォーマンスを行ったことも話題となった。また、2018年3月にはTBS系「谷原章介の25時ごはん」にもゲストで登場した。

 

2018年9月には中国の北京で開催されたアートフェスティバルに招待されパフォーマンスを行い大盛況で終えた。

 

場所、時間を問わず、神出鬼没に「バスキングカー」で乗りつけてバスキングするスタイルは若者を中心に注目を集め、Twitterでバズる(爆発的に多くの人に取り上げられる)など、今後の活躍がますます期待されるパフォーマーである。

 


 

重田基喜

重田基喜 NEW!

 

都内在住のシンガーソングライター。 2017年脱サラ後、約3か月間日本一周をしながら全国で弾き語りをする。音楽を仕事として社会に貢献するべく、聴く人の「自己肯定感」を高める音楽活動を展開。一人一人が自己に満足し、思いやりの心に溢れる社会の実現への第一歩として、「自分を認めて自分を愛する」ことへの導きとなれるよう活動中。様々な角度から人生を豊かにする音楽を、精一杯の魂をこめて歌います。

 

大道芸人しらお

大道芸人しらお

得意のジャグリングと(ちょっと変わった)キャラクターで場を盛り上げます!/出演歴:東京タワーにちようパフォーマンス、お江戸深川さくらまつり、第二回小岩チャリティーパフォーマンスフェスタ、越谷市民まつりなど

 

Box performer まさきち

Box performer まさきち

関東大会でベスト8に入る実力を誇るシガーボックスパフォーマー。箱を三つ以上操る迫力のあるパフォーマンスに拍手と歓声が沸き上がること間違いなしです!【出演歴】亀戸大道芸、東京タワーにちようパフォーマンス、あつぎ街かど大道芸、ちば大道芸、IN THE BOX 他多数出演 【活動歴】2年

 

 


 

阿尾茂毅

阿尾茂毅

昨年8/1に長年の夢であるsingar/songwriterとして62歳でデビュー。

1956年 富山生まれ。

高校時代から音楽に興味を持ち、アコースティクギターの練習に明け暮れた。

中央大学に入学。後輩とフォークデュオを結成。

勉強そっちのけで音楽を続け、本気でアーティストデビューを目指した。

しかし、音楽を職業にすることは安易ではなかった。

夢は叶わずとも音楽への想いは捨て切れず、レコーディングスタジオ「音響ハウス」に就職。

過酷なアシスタント時代。

そんな中でも深夜のスタジオで、仲間たちとこっそり自分たちの音楽のレコーディングをして楽しんだ。

10年ほど時が過ぎ、メインエンジニアへと昇格し、

主に、映像の音楽のエンジニアとして活躍。

そしてさらなる発展を求め、音響ハウスを退社。

数社の映像のプロダクションで音楽の編集の仕事を重ね、41歳で独立。

映画やCMの音楽の仕事を中心に、コンサートのPAや店舗の音響設計なども手掛けた。

映画音楽のエンジニアとして関わった映画監督河瀬直美氏の作品では、

カンヌのレッドカーペットを歩く経験もする。

50歳を過ぎ、若手のアーティストのギターサポートを始めた頃から、

また「唄いたい」という衝動が沸き起こる。

59歳。還暦を前にして「アーティスト、ヴォーカリストとしての夢を叶える」

そう決心して挑戦を始め、現在(62歳)に至る。

小林拓真

小林拓真

1988年3月1日生まれ。

埼玉県川口市出身。一人っ子。

中学高校時代、世間ではアコースティックユニットが流行っていた。そんなときに友達から勧められたのが「唄人羽(うたいびとはね)」だった。

その音楽に惹かれて自分でも弾いてみたいと思うようになり、そこからギターを触りめる。

これまで音楽は、ツラいことが重なったときに自分の気持ちにそっと寄り添ってくれる存在だった。

自分自身が何度も音楽に勇気づけられたそんな経験が、いつしか、自分が人に音楽を届けたいという想いに変わる。音楽には人の心を救う力があると信じ、そして、今日もどこかで誰かが自分の曲を口ずさんでくれたらと思いながら、“日常と心に寄り添う”シンガーソングライターとして都内ライブハウス、路上ライブ、ネット配信にて日々活動している。

 

浅沼大地

浅沼大地

1992/1/10 神奈川県川崎市出身

音楽好きな両親の元に生まれる。

幼い頃から家では洋楽・邦楽問わず音楽が流れ父親が家でギターを弾いていたこともあり12歳頃から見よう見まねでギターを弾き始める。

2016年から活動開始。人がホッとできるような『優しき歌うたい』を目指し現在は地元川崎や都内を中心に活動中。

歌、ダンス、絵、写真、演劇、朗読etc...

ジャンルの壁を超えて様々なアーティストと様々な表現をしたいとも考えており、ダンサーや書道家とのコラボしステージに立ったことも。

自分の歌が、表現が、少しでも人の心の栄養になることを願い歌い続けてゆきます。


 

森と林

森と林   NEW!

路上ライブから生まれた、森かのこ(Vo,Pf)と林祐詩(Vo,Gt)による男女ツインボーカルユニット。ユニット名は、3秒で決定。

異なる声質の男女のハーモニー。エモーショナルで、どこか懐かしさが感じられる楽曲。 そこに重なる力強い森の声と、やさしい林の声が織りなすハーモニーは、聴く人の心をマイナスイオンのように包み込む。

また、歌声からは想像のつかない森の天然キャラと、それに的確なツッコミを入れる林のコンビネーションにも定評がある。

シンガーソングライターとしてソロ活動をしていた林と、活動の一歩目が踏み出せなかった森。 ひょんなことから出会い、「路上ライブをしてみたい!」という森の声がきっかけで何度かの合同路上ライブを経て、2015年6月ユニットを結成。

Juggler MAKi

Juggler MAKi

2010年にテレビ番組をきっかけにジャグリングに出会い、独学で練習を開始。また同年に東海大学湘南キャンパスジャ グリングサークル「STAND」を設立。その後は1度一般企業に就職をし、2017年にプロの道へ。 2本の棒と紐を使い中央のコマを回し、巧みに操るディアボロの演技をもっとも得意とする。 その他、いくつものボー ルを空中に投げ上げるボールジャグリン グや、水晶をまるで宙に浮いているかのように操るコンタクトジャ グリングな ど多彩なジャグリングを披露する。

 

片腕のマジシャン HAKU

片腕のマジシャン HAKU 

18歳でイベント等でマジシャンとして活動。

その後19歳の時に怪我で利き手を切断、退院後も片腕のマジシャンとして関東を中心に屋内、屋外のイベントにて活動中。

メディア出演 読売新聞、毎日新聞、産経新聞、東京新聞、生きるを伝える(テレビ東京)など

 


 

MOJAMOJA SMALL GIANT
MOJAMOJA SMALL GIANT

(モジャモジャスモールジャイアント)

モジャモジャヘアーが特徴的な、身長158センチのパワフルシンガーソングライター。

埼玉県出身。一番の武器は、“楽曲力”。そして“歌声”。

幅広い年齢層による多くのファン、そして多くのアーティスト達に愛されている。

また楽曲力が認められ、テゴマス・長江健次(イモ欽トリオ)への楽曲提供や、企業の応援ソングやテーマソングなどの制作も手がけている。 

立川市市民会館のワンマンライブや代々木第二体育館でのステージなどの大きなステージでのライブ実績も持つ。

2017年には、名古屋・東京での2大都市ワンマンツアーを満員御礼に成功させる。

2018年には、フジパンストアー株式会社の店舗販促楽曲に「スマイルパン」が起用される。

愛用のギターはGibson J-45 Viper Blue。

国内には数本しかない珍しい色のギターである。

憧れの小田和正氏の「クリスマスの約束」で共演を果たすことが 自身の最大の音楽の夢である。

マジシャンNOA

マジシャンNOA

音楽とマジックを融合させた、エレクトリックでトリッキーな現象を引き起こす。

日本では珍しいCDマニュピレーションを行うマジシャン。

クロースアップからステージマジック、ストリートパフォーマンスまで幅広く活動をしている。

 

 


 

Emily

Emily 

 18歳のシンガーソングライター。

バンド活動をしていた父の影響で幼少期から聴いていたThe Beatlesなどの洋楽が音楽のルーツ。ある日、「今なら指が届くかな?」と思ってギターを手にしたことからギターを始めた。

小学5年生の頃、Taylor Swiftに憧れ、楽曲制作をはじめる。

高校入学を機に、ライブ活動をスタートする。アコギガールのアコギグライブに参加する他、東京・埼玉のオープンマイク、大宮ホコ天ライブパフォーマンスを中心に活動中。

10代の叫びと実体験をありのまま歌に込め、リアルでストレートな歌詞をキャッチーなメロディーで誰かの日常に寄り添えるような曲作りをしている。

ヒメクリ

ヒメクリ

2016年1月、ボーカル 星野みなみ と ギター 池田圭一 により結成された男女二人組歌謡POPユニット「ヒメクリ」。

 

日常の喜怒哀楽を「超王道なJ-POPソング」と「真っ直ぐで優しいハイトーンボイス」で”日めくりカレンダーをめくるように"楽曲として届けたい、という願いがユニット名に込められている。

 

2017年8月20日、結成2年目で臨む1stフルアルバム「NonStop OneStep」を発売。

「心のふるさと」をテーマに"変化のなかにある変わらないものを大切にしよう" という思いを込めた作品になっている。


 

昌美

昌美  NEW!

神奈川県出身 女性シンガーソングライター

優しく艶やか、神秘的で物語を感じる歌声。

アコースティックギターを爪弾き語られる、一人の女性のストーリー。

出身 神奈川県 誕生日 5月7日 星座 おうし座 血液型 A型

趣味 散歩、旅、食品サンプルを眺める事

 

羽生田早穂

羽生田早穂  NEW!

自分の可能性を信じ、 高校卒業後、上京。

ミュージカルやライブ活動の傍ら、演技のワークショップのため、渡米。

在米中にNYにて出会った「リラクゼーション」に 感銘を受け、ヨガを習得。

現在は、ボイスヒーリングなど、独自のプログラムを展開し、活動の幅をさらに拡げている。

音楽をはじめたきっかけは、幼少より、アメリカのエンターテインメントに憧れ、さらに自己と世界との繋がりを求めるため、歌とダンスを始める。


 

のーうぇざー

のーうぇざー 

インターネット配信をテーマに、シンガーソングライター3組により編成されたグループ

アメリカのブルースロックに影響を受けた、60年代UKロック。

そのヴァイブスを基調にした、ゆるやかに有機的に組まれたシンプルなバンドサウンド。

オーバープロデュースを敢えて避けることで、感情を寄り添わせる余地を残し、

各々の呼吸を通い合わせるかのようなアンサンブルを獲得している。

全員がシンガーであり、全員がメッセンジャーであるこのグループは、全ての人を繋ぐことの出来る「希望」を生み出す。

ひろ(Best Partner)

こっしー(Best Partner)

朴ちゃんしん

ふくろう(ひまわり)

Highシーン Go!!Go!!

Highシーン Go!!Go!! 

インターネット配信をテーマに、シンガーソングライター4組により編成されたグループ

70年代ソウル→往年の80年代ディスコへとつながるパーティーチューン。

シンプルなリディム(リズムトラック)に乗せた、メッセージ性の強いリリック。

切なく胸を打つ、アダルティックなバラードトラック。

いずれも、輝きと希望に満ちていたあの時代のヴァイブスを踏襲した、

パワーと勢いを持ったトラックになっている。

 


 

フロムア

4人組アコースティックユニット

ジャンル : J-Pop、ロック

 

2013年10月結成。

結成前、 地元埼玉県大宮の路上にて、メンバー全員がシンガーソングライターとして個々に活動していた経歴を持ち、彼らが揃って歌うハーモニーは瞬く間に地元に根付き、過去最大の瞬間集客は交通規制ギリギリの約700人を超えて話題となった。

 

また、ライブ中に行う即興セッションやMCスタイルなども、フロムアならではの魅力だ。

 

現在は地元密着型の枠を超え、関東を中心に多くの地での路上ライブと合わせて、ショッピングモールや街のイベント、自らが主催するイベント時には、貴重なバンドスタイルがライブハウスにて行われている。

 

今では、フロムアの代表曲である大宮の歌「25」は大宮銀座通り商店街“街頭有線放送“にて毎日流れているほどに地元に愛されるアーティストになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

KARAQRI

KARAQRI

2本のロープを自由自在に操るダブルダッチにアクロバット、トリッキングやブレイクダンスを融合させたパフォーマンスチーム。

2014年、チーム結成直後、海外に渡り試行錯誤を重ねKARAQRI独自のストリートパフォーマンスを作り上げる。以降3年間、オーストラリアはメルボルン・シドニーニュージーランドはオークランド~クイーンズタウンイギリスはロンドンと世界を渡りながらストリートパフォーマンスを磨き続けてきたストリートパフォーマンス特化型チーム。

それが<KARAQRI>

2017年から日本での活動を始めチーム編成が行われて以降、急激にアクロバットとトリッキングのスキルが充実する。

現在はパフォーマンス以外にも教育機関でのダブルダッチの体験会や指導なども積極的に行っている。

 

大道芸人ゆうじ

大道芸人ゆうじ

自由なスタイルの中に感情豊かなパフォーマンスを織りまぜる。

「心が温まる」「ほっとする」「笑顔になれる」そんな時間を観客と一緒に作り上げます。

生でしか味わえないショーを是非体感してください。

「ショースタイル」水晶やリングを使った不思議なジャグリング。

魔法のように繰り広げられるマジック。

観客と一緒に笑顔を作るコメディ。

心に響くパントマイム。

 

ライセンス取得:オーストラリア シドニー,まちくるパフォーマーズ仙台。フェスティバル出演:フランス アヴィニョン,イタリア サルメデ,スコットランド エディンバラ,ソラマチ大道芸,カウントダウンパフォーマンスetc

 


 

伊藤ゆき

伊藤ゆうき 

CIMS records 所属

■ 長野県出身シンガーソングライター

■ ピアノ弾き語り

「大人の毎日に特別な歌を」をキャッチコピーに関東・地元長野を中心に全国で活動中。

■ 長野県警安心安全サポーター

高校卒業後、専門学校に進学、ボーカル科を卒業、在学中からボーカルを中心とした活動

を開始し、コーラスグループ時代には産経新聞社賞、最優秀賞などを獲得、台湾での歌唱

も経験。

3年間の休止後、ソロシンガーソングライターとして活動を再開。ワンマンライブ、主催の

「 Sound Grafics 」を含め年間ライブ本数は 150 本を越える。

2017 年、クリフエッジ JUN さんプロデュースによる「ユメミルミライ」をシン ガーの

Dixy 、 30 mio と共にリリース。

2018 年、 5 月ミニアルバム「 Just ONE 」を発売。発売日に行われたリリースワンマン

ライブは sold out となり、収録曲の「星の見えない街」が YouTube 短編映画のエンディ

ング曲に起用される。ピアノの弾き語りに転身して 3 年目を迎える。

パフォーマーさぶれ

パフォーマーさぶれ  

 

群馬県在住ジャグリングパフォーマー

小さい頃から人を喜ばせることが大好きでした。

元々はマジックをやっていたのですが、大学生の時にディアボロと出会いジャグリングを始めました。驚かせることも素敵なことなのですがやはり”喜んでもらう”ことが大好きだったため大道芸にシフトチェンジ。

私はパフォーマンスを通じて皆様に喜んでもらうこと、笑顔になっていただくことをモットーに活動しています。

 


 

山城愛弓

山城愛弓

あゆみんこと山城愛弓です♡

大宮アルディージャのマスコットアルディ&ミーヤのアテンドとMCのお姉さん!伊豆大島の観光大使〝第24代ミス椿の女王〟喋ることも歌うことも笑うことも大好き♡

 

 

大道芸人ヒヨコ
大道芸人ヒヨコ

ぴーちくぱーちくよく喋る!よく動くクチバシから飛び出す軽快なおしゃべりに乗せてジャグリング、マジック、いたずらをして廻る、やる事地味でもちょっとすごい、そんな皆んなで一緒に楽しめるパフォーマンスショー!

 


 

一条優

一条優

埼玉県出身 1995年7月23日生まれA型

14歳時に出会ったTHE BLUE HEARTS、忌野清志郎の音楽に触れロックンロールに心を撃たれる。

その頃より曲作りを始め、新宿駅前などで路上ライブ活動を行う。

歌のテーマは愛と夢。

 

『路上より愛をこめて。』

をキャッチコピーに活動を行う。

 

TRICKART

TRICKART  

NYACとMILOの不思議なユニット。

唄とオカリナ、軽快なダンスギター、オリジナルを中心に都内及び関東圏で活動中、ミュージカルのようであり異国情緒漂う音。

非現実を貴方に御届け致します。

まむし◯口子

まむし◯口子 (マムシマルクチコ)  

武蔵小金井在住 

絵本画家  読み聞かせ屋 パフォーマー 

様々な場所で読み聞かせ活動を行っており、時に舞台に俳優として出演したりダンスも踊るマルチに活動するアーティスト(パフォーマー)。

元は所属していた演劇集団の解散から1人での活動が始まり今に至る。

齋藤司

harmoniou (齋藤司)

『harmonious』 2016年活動開始。

いろんなジャンルが調和してPOPSになる、そんな意味を込めて、harmonious(ハーモニアス)と命名。同年7月『僕でいたい』をリリース。2018年2月15日『スープの向こう側』リリース。アコースティックギターサウンドを基調とした心地よいメロディーと親しみやすい歌詞で老若男女幅広い世代から支持を得ている。 齋藤司(saito tsukasa) 1984年4月23日生 北海道伊達市出身

・harmoniousの前身「井の頭フォーキーズ」時代、東放ミュージックフェスティバルに出場 。オーディエンス賞を獲得。さらに審査委員長である佐久間正英氏(ブルーハーツ、ジュディ&マリーなどを手掛けたプロデューサー)よりベストボーカリスト賞に選ばれる。

・TBS音楽番組『MusicBirth+』に出演、当時、2週連続着うたランキング1位を獲得。

・2014年、J1大宮アルディージャの応援サポーターとして、NACK5スタジアム大宮でライブを行う。

・2014年、関東地区のTSUTAYAでアルバム『De-light』がレンタル開始。 ・2015年、公開映画「川のさきで」主題歌の楽曲制作に参加、作詞を担当。 ・2016年、 障害者支援『夢カナプロジェクト』を立ち上げ。以降、障害者施設訪問など精力的に行っている。

・2016年、地元北海道伊達市のFM局でラジオ番組『LOVERS DATE STUDIO』放送開始。

・2016年、伊達市初のフェス、第1回『Ride on Iburi music festival』を企画、開催。1200人を動員 出演はサンプラザ中野君(爆風スランプ)、堤晋一(ex.Bivattchee)、小玉ゆうい他

・2017年、交流のあるアーティスト岩瀬敬吾(ex.19)と共に北海道ライブを精力的に行う。 

 


 

和太鼓グループ 彩

和太鼓グループ 彩 -sai-

2005年、東京大学のサークルとして結成された男性のみの和太鼓集団。

2013年より「和太鼓を通じてたくさんの方々に元気を届けたい」「そのために24時間365日を和太鼓に使いたい」そんな想いからプロとしての活動を始める。

現在では国内外で年間250回を超える演奏活動の他、和のイベントプロデュースからタレント業まで多岐に渡る活動を行っている。

 そして2017年度には外務省主催イラン、モルディブツアーの開催、「ロシアにおける日本年」プレオープニングイベントツアーなど、海外での公式文化交流事業にも多数招致され、年間10カ国以上で公演している。

近年ではメディアにも数多く取り上げられ、日本マクドナルド「とんかつマックバーガー」をはじめとして、3年間で10社を超えるCMに出演・楽曲提供を行っている。

また、2017年に入り、日本テレビ「しゃべくり007」出演の他、映画「帝一の國」で話題のシーン、「フンドシ太鼓」の総合プロデュースを手がけるなど、伝統楽器和太鼓の新しい可能性を発信すべく、多方面で活動中。

 

QRE (キュアー:小田内志徳 & ワタナベアキラ)
QRE (キュアー:小田内志徳 & ワタナベアキラ) 

【Quint】【Even Sense】2つのバンドのボーカル同士で結成されたツインボーカルユニット。2018年始動。

Twitter

小田内志徳 @daaa_69

ワタナベアキラ @nabeosense

RACHIEN BROTHERS

RACHIEN BROTHERS

2015年より路上ライブ等活動開始。2017年8月に全国デビュー。

吉田 弦(左)

誕生日:1988年2月24日

血液型:A型

出身地:福井県

黒宮雅斗(右)

誕生日:1988年12月30日

血液型:A型

出身地:新潟県

 

LimiTё♪♪

LimiTё♪♪(リミテル)

 

“温かいMixture”をコンセプトとし、PopsをベースにRock、Hiphopなど様々なジャン ルの要素を取り入れた、男女3声アコースティックバンド。from 埼玉。埼玉県内外のライブハウスやショッピングモール等で幅広くライブ活動を行う。

震災時には自主制作チャリティーシングル、『ガーベラの花が咲く頃に』を発売、売り上げ全利益を被災地に寄付。

またライブの様子を地元テレビ局にて放映される。

 


 

山田莉世

山田莉世 

淡路島出身

シンガーソングライター

 

カバーやオリジナルを歌いながら自由気ままに都内を中心に活動中。

柏ハング

柏ハング 

建築家を目指す中、過労をきっかけに柏駅前で音楽に出会う。

世界的に著名なハンドパン奏者を訪ね、彼女の美しい演奏と独自のライフスタイルに感銘を受ける。

翌年に脱サラして海外を中心に旅を始める。ハンドパン演奏により、出会った人々の心に響く音の旅を継続中。

 

 

 


 

4chords

4chords 

2017年8月結成。男女アコースティックデュオ。都内ライブハウス、カフェ・バーを中心にオリジナル曲、洋楽カバーを演奏しております。船橋市の公認アーティストとして、定期的に船橋駅前のまちかど音楽ステージにも出演中。

 

 

ナオリュウ

ナオリュウ 【ENTRY】

福井県出身、東京在住の女性シンガーソングライターであり、日本で1位、世界で2位のルーパーアーティスト。自身で作詞・作曲・編曲・演奏(ボーカル・ギター・フルートなど)すべてをこなすマルチプレイヤー。 ルーパー世界大会では、スティーヴ・スティーヴンス等、著名ミュージシャンの審査で2位となり、「イングウェイ・マルムスティーン」と同じステージに立つ。2013年2月に世界デビューを果たし、同年12月には4枚目のアルバム「四.二疊のRhapsody」を発売。初回生産1000枚を完売。2015年11月には自身初となる1st Single「東色(ひがしいろ)」、翌2016年4月に2nd Single「西色(にしいろ)」、同年9月に「南色(みなみいろ)」を発売。そして、方角シングルシリーズ、最後の4枚目となる「北色(きたいろ)」を2017年4月12日に発売。シングルトータルセールスは2000枚を超える。(2018年4月時点)、また同年9月13日には自身初であり、世界2位を受賞したルーパーを使用したライブ模様を収めたライヴDVD「LOOPER LIVE "2017"」を発売。その売上のほとんどを、音楽の原点に立ち返った生声、生ギターによる完全アンプラグドのキャンペーンミニライヴ(ナマ流)で販売し、ミュージシャンとしての技術力の高さと、技術を飛び越えた「魂」の歌声が人々の感動を呼び、その盛り上がりは、テレビ、ラジオ、新聞、ラジオなど、各方面から多数取材が入るほどとなっている。最先端の音楽表現ツール「ルーパー」、かたや、時代にとらわれない普遍的な生声・生ギターでのアコースティックな表現、一見相反するように見える二つの表現が共存するのが、ナオリュウそのもの。自分一人で表現できる限界に挑戦し続ける孤高の女性シンガーソングライターである。2018.4.1より「深呼吸」が「永和住宅」CM曲として放送中。2018年秋、フルアルバム発売予定。

結々葵

結々葵:ゆゆ あおい 

絵本のような不思議な世界観で奏でるCafe Music。 2016年、昭和音楽大学を卒業しソロ活動を開始。 環境音などを取り入れ透き通る癒しのヴォイスでポップワールドを届けている。


 

雪音 

岩手県陸前高田市出身。

2010年より雪音(ゆきね)としてシンガー活動を開始。アーティスト名には「リスナーの心に雪のように降りそそぎ、決して溶けないメロディーを届ける」という願いがこめられている。

歌手活動の傍ら、陸前高田市内の津波到達点を桜並木でつなぎ後世へ伝えようというNPO桜ライン311の活動にも従事。テーマソングとして制作した「君のいる未来へ」は同団体を追ったドキュメンタリー映画「あの街に桜が咲けば」の挿入歌にも採用され、全国で大きな共感を呼んだ。歌と桜ライン311。どちらの活動も「伝えたい想い」がリンクする。現在は歌と講演の独自のスタイルを展開し、広く防災と命の大切さを発信し続けている。

前田有加里

前田有加里 

幼少期よりクラシックバレエやHIPHOPダンスなどを通じてエンターテイメント性を培い アーティストとしての土台を築く。 多くの一流エンターテイメントの現場に触れる中で、自らの言葉で音楽を届ける素晴らしさに目覚め、アコースティックギターの弾き語りによる活動を本格的に展開。 活動においては、企画・興業・制作・プロモーションに至るまで自身の ディレクションによって展開し、ソーシャルメディアの波に乗って徐々に知名度が広がり、 自身の配信番組の総視聴回数は130万回を超えるに至る。日本全国活動展開中!

 

HeyG2

HeyG2

そう、彼らは平日のみ現れる。

その場にいる人を盛り上げること、それが彼らの生き甲斐である。

埼玉県大宮発の全てが即興のバンド「フロムア」の枠を飛び出して、

メンバー「中田亮・阿部泰久」が”音楽という枠を飛び越えたパフォーマンス”をお届けする。

笑顔をお約束する2人の世界をお楽しみあれ。

 


 

大道芸人KAYA

大道芸人KAYA

大宮にあります芝浦工業大学を卒業し、全国各地で活動中の大道芸人です。名古屋APPLライセンス、千葉大道芸ライセンス保持。オリジナルの杖を使ったジャグリングで会場を驚きの渦に!最後には危険なバランス芸でハラハラドキドキ、会場全体が一つになります。母校のある大宮の盛り上げにご協力させて頂ければと思います。

フロンティ

フロンティ

2017年9月から活動を始めた駆け出し大道芸人。関東を中心に様々な場所で活動を行なっている。ヨーヨーをメインに、ジャグリング、ダンス、バルーンアート、マジック、パントマイムなど多彩な演目と親しみやすいキャラで場を盛り上げる。

 

 

Life Size Show

Life Size Show

埼玉、都内で主に活動しているLife Size Showというバンド ライサイって覚えてください!

live情報など随時公開します!

vo/ @kaito15666

Gt/ @takumalshikura5

Ba/ Dr/ @feelfuuta

 


 

Metis

Metis

1984年3月28日 広島県出身 

レゲエソウルシンガーソングライター

心にまっすぐ届く力強さと包み込むような優しさを合わせ持つソウルフルな歌声とLOVE and PEACE精神のあふれるリリックとmelodyで注目を浴びる。2006年メジャーデビュー。2016年はメジャーデビュー10周年記念にONE VOICEというフルアルバムリリース。全国ツアーを行う。魂のシンガーMetis.生きるとは何かを問いかける人間失格や、泣ける歌として自身の母に捧げた母賛歌、スマッシュヒットしたメジャーシングルのデビュー作、梅は咲いたか桜はまだかないなでその名が全国に知られた。

また、2010年はlove in action二十歳の献血キャンペーンソングを作りプロゴルファー石川遼や、MVにはフィギュアスケートの鈴木明子が出演し献血を呼び掛けました。

2017年は新たな新曲をリリースし全国各地活動している。

 

 


 

MoSuLa

MoSuLa

MoSuLaがやってきたぞ!!

 私たちはまだ幼虫である。

 

 仮面という名のナゾのベールに覆い隠された正体不明のダンスグループ…

 

 2016年1月よりニコニコ動画、YouTubeにて動画活動を開始!!

 

 

中前りおん

中前りおん

曲書いてピアノ弾いて唄います。初ワンマン満員御礼 http://www.ustream.tv/channel/  SHOW ROOMも始めましたっhttps://www.showroom-live.com/ec508616675

UNIVERSE DROP

UNIVERSE DROP

1.26生まれ。埼玉県さいたま市出身。A型。UNIVERSE DROPとはシンガーソングライター「未祐」のソロプロジェクトのこと。好きなもの:海外アニメ(Cartoon network)、イラスト描き、寝ること、サーモン。

11歳の時にPUFFYに憧れ、歌手になることを志す。13歳にギターを始め、同時にドラムを習い始める。高校入学後、コピーバンドを結成し、ギター&ボーカル、ドラム&ボーカルとして3年間活動する。また、この頃からオリジナル曲の製作を始める。高校卒業後は、「未祐」として都内近郊を中心にライブ活動を行う。2017年、「UNIVERSE DROP」として活動を始め、「未祐」としての枠を超え、さらに勢力的に活動の幅を広げている。


 

FAT FIVE

FAT FIVE

Non,MASAHIRO,komu13,HMG,DJ WAKAの5人からなる超大型新人アイドルグループ 『FAT FIVE』の公式Twitterアカウント。 2016年4月にhttp://1st.ミニアルバム『ボナペティ』が発売決定‼︎

 

ハルヲオモウ

ハルヲオモウ

2013年に埼玉県越谷市で結成。

2016年7月、Vo.イムラユウキの加入により活動を本格化し、デモ音源「エピローグ」を発表。各ライブハウスなどから多大な評価を得る。

2017年3月21日、拠点である越谷EasyGoingsのレコ発ライブより全3曲入り「SuperMarket ep.」をリリース予定。

大宮ホコ天ライブパフォーマンスの出演時のみ特別アコースティック編成です。

ひーこ

ひーこ

ほのぼの下町しんがーそんぐらいたー♪

ネコとネギトロとジョン・メイヤーが大好き!

一度聴いたら耳に残る、ポップでキャッチーな楽曲が特徴。

誰でも気楽に聴けるような歌を!

タラリ ラッタッタラ 踊ろうよ 気まぐれなステップ1.2.3♪

 


 

高遠波名

高遠波名 【ENTRY】

8月7日生まれ。幼稚園のときにクラシックピアノを習い始める。高校生のときに詞とメロディーをつくることの楽しみを知り、ノートに書き溜めていた。大学生、社会人になってからも、詞とメロディーラインは、授業中、歩きながら、電車のなかで、シャワーを浴びながら...描き続けていた。2014年、つくっていた歌に伴奏をつけてみようと思い立ちコードを勉強し、再びピアノを弾き始める。

都内ライブハウス等で定期的に弾き語りを行っている。

 

ちょねさゆ

ちょねさゆ 【ENTRY】

シンガーソングライター 

透き通った天使の歌声を持つ、元気いっぱいシンガー!都内、被災地、九州を中心に活動中。主に東京・熊本・宮城・福島・福岡・鹿児島。アーティストとしての活動は2017年より本格的に活動を始め、ライブで歌を通して笑顔を届け、被災地の今を伝えている。

2017年3月に、主催でチャリティーイベントを開催。 2017年12月に、自身初のワンマンライブで50人動員。2018年4月より全国のカラオケ JOYSOUNDにて「あさねぼうの唄」配信開始。

大道芸人たいち

大道芸人たいち 【ENTRY】

 

ダイススタッキングと愛嬌たっぷりのキャラクターでお客様を楽しませていきます! 

2007年~2010年キグレnewサーカス団員 2010年~現在 大道芸人やCrown(ピエロ)として全国各地の商業施設や学校やお祭りなどで活動しております。 


 

RUNA

RUNA【ENTRY】

月のように優しく照らし続けるというコンセプトを基に、かつての自分のように夢を持つ事が出来なかったり一歩踏み出せずにいる人や道のりに挫けそうな人の背中を押すような想いを歌うシンガー。

20代の前半まで何かを続けたり叶えたい気持ちがあっても何も手に付かず人生を持て余していた、 しかしモデルへスカウトをきっかけに音楽アカデミーの道が開け歌手活動を始める。

MINORI Tanaka

MINORI Tanaka【ENTRY】

1996年5月8日生まれ。12歳でパーカッション、ドラムの演奏を始める。14歳で作詞、17歳で作曲を始め、今ではギター、ピアノ、ベースを演奏し、洋楽、邦楽を創り、歌う。オリジナル曲は現在50曲ほど。高校卒業後留学、下北沢のライブハウスでの活動、また、野外や温泉施設での演奏経験がある。YouTubeには自らのオリジナルと洋楽、邦楽のカバーの動画をアップしている。

 

ホノボラン

ホノボラン【ENTRY】

シンガーソングライター / アニメもサバゲーも好きな野郎シンガー / 自分自身が負け組、ハズレ組という事を自覚して「誰かの為に」を常に思い歌を歌っています。

 

Suu (カラーポワント )

Suu (ex:カラーポワント )

歌う、踊る、表現することで生きています。

たくさん聞いてください、フォロー待ってます。

「新感覚バレエファンタジー」トゥシューズを履いてシアトリカルな世界観を魅せる▽カラーポワント


 

アルディ君

特別ゲスト

 

エビオ君

特別ゲスト:埼玉県献血キャラクター

けんけつちゃん

特別ゲスト

 

ふっかちゃん

特別ゲスト

 

コバトン

特別ゲスト

 


 

Quick Link


 


 

本サイトに記載のテキストおよび画像、映像、一切のコンテンツについて、許可なく転載することを固く禁じます。