EMSでは、話題のAR(Augmented Reality:拡張現実)を導入致しました。

ARとは「Augmented Reality(拡張現実)」の略であり、その名の通り【現実世界の『もっと知りたい』をWebと連携して補う】ことを実現するための今注目の新技術です。

 

フライヤー、ポスター、パンフレット、名刺などのあらゆる印刷物にAR(拡張現実)を付加し、紙媒体+動画やWEBを使ったクロスメディアを推進しています。

 

スマートフォンやタブレット端末などのカメラ越しの映像にデジタル処理を施した文字や画像、映像などを重ねあわせて表示させることで関連情報の提供が出来ます。

 

 

 

ARアプリ、COCOAR(ココアル)くわしくは下のアイコンをクリックして下さい。