Blood donation

献血 活動

【EMS】ExcelsiorMusicStore:エクセルシアミュージックストアのテーマは、

 

音楽 と 人を繋げる

Connect the music and the people

音楽 で 人を繋げる

It connects people with music

音楽の力を正しく使う

Use the power of music correctly

 

としています。

「音楽の力を正しく使う」ことの中の一つに「伝えること」があると思います。

EMSでは音楽イベントを通じて献血の募集や周知、啓蒙活動を行っています。

EMSは日本赤十字社より献血サポーター団体に登録されています。

 

大宮献血ルームウエストのエントランス
大宮献血ルームウエストのエントランス

「40分で助かる命があります」

献血が必要な理由

日本国内では、1日あたり約3,000人の患者さんが輸血を受けていると言われています。

現在、輸血に使用する血液は、まだ人工的に造ることができず、長期保存することもできません。

また、患者さんによっては大量の輸血を必要とする場合があります。

このため、輸血に必要な血液を確保するためには、一時期に偏ることなく、1日あたり約15,000人の方に献血にご協力いただく必要があります。

 

献血の課題

日本国内では、少子高齢化の影響により、主に輸血を必要とする高齢者層が増加し、若い世代が減少しています。

10代と20代の献血協力者数はこの10年間で32%(約60万人)も減少しており、少子高齢化が今後ますます進んでいくと、血液の安定供給に支障をきたす恐れがあります。

 

今後も患者さんに血液を安定的に届けるためには、今まで以上に若い世代の献血へのご理解とご協力が必要となります。

 

実際に、献血にかかる時間は受付から採血後の休憩までで400mL献血でおよそ40分。

実際に針をさしている時間は平均で5分から15分です。(成分献血は約90分。)

 

献血ルームや献血バスを見かけたら、ほんのちょっとの勇気を出して、足を運んでみてください。

また事情があって、献血できない方は 献血のことを、お友達や知り合いの人と話してみてください。

きっと、誰かの命を助けるきっかけになります。

 

人には人の命を助ける力があります。 

埼玉県献血

▼News


 

 

EMSでは定期イベントコンテンツ「大宮ホコ天ライブパフォーマンス」1周年記念の2017年3月から埼玉県赤十字血液センターさんと連動して献血の告知と大宮駅東口に献血バスも展開しています。

 


献血と大宮ホコ天ライブパフォーマンスのコラボ・ポスターはJR大宮駅を含む周辺駅駅に掲示されています!

献血と大宮ホコ天ライブパフォーマンスのコラボ・ポスターは、JR東日本・大宮支社のご協力でJR大宮駅と湘南新宿ライン、東京上野ラインを含む高崎線、宇都宮線、川越線の大宮近郊の駅と銀座通り商店街を含む協力店舗にて掲示されています。


 

Quick Link


 

関東甲信越ブロックの献血ルーム一覧

献血バス等の献血会場のほか、以下の固定施設で献血にご協力いただけます。

各施設で受付時間・閉所日などが異なりますので、以下のページをご参考ください。

埼玉県

千葉県

東京都

神奈川県

▼ Pickup

本サイトに記載のテキストおよび画像、映像、一切のコンテンツについて、許可なく転載することを固く禁じます。